浅香唯は80年代を代表するスーパーアイドルのひとり。

オレにとっては聖子や明菜がお姉さん的存在だったのに対し、より同年代に近い同級生的アイドルになってくる。
つまり浅香唯は聖子や明菜を聴いて少なからず憧れがあっての次世代のアイドルということになる。
そうなると聖子・明菜とはまた違ったアイドル像となり、勝手に身近に感じて親近感もわいてくるのだ。

いくら身近だといっても現在の某アイドルグループのように簡単に会えたり、握手したりなんてことはできるはずもない。
その代わり、テレビやラジオへの露出は非常に多く、無意識でも見聞きする機会は多かったので世間への認知度は世代問わず今では考えられないほど高かった。

現代でもちょこちょこメディアに顔を出す彼女は我々にとってはありがたい。
彼女を目にするたび、あの時の気持ちを思い出し、あの時にタイムスリップすることができるのだ。
そしてメディアへの露出具合も実はちょうどよかったりする。

例えば、聖子はアイドル界のキング的存在で、歌手としての活動は現代も精力的に行っている。
いつの時代も聖子は圧倒的な存在感でアピールしてくる。
それゆえファン層の移り変わりも激しい。
80年代の聖子を支えたのは圧倒的に男性ファン。
ライブ会場の様子を見ればわかるが、現代に至るまでに熱狂的なファンはどちらかというと女性の方にシフトしているようだ。
(正直男性ファンとしては寂しい思いがある)
やがて聖子自身が作詞するようになると男性ファン向けというより聖子と同年代の女性が共感できるようなものが多くなった。
なのでオレも含めて現代の男性ファンは、自分が支えたと思っている80年~90年代の彼女だからこそ今も支持しているところが少なからずあると思う。

そんなことを考えていたら、じゃあ浅香唯のファンってどうなのとなる。
オレが思うに今でも当時からの男性ファンが圧倒的に多いはずだ。
聖子に比べれば様々な面で活動に違いがあるからだ。
浅香唯に新規のファンがつくことがあってもそれは男性ファンではないだろうか。
浅香唯は当時のオレたちの浅香唯のままという感覚なのである。

そして浅香唯を語る上で絶対に外せないのは「スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇」というテレビドラマだ。
当時「スケバン刑事」は社会現象となるほどの大ヒット人気ドラマシリーズだ。
初代は斉藤由貴、二代目は南野陽子、で三代目が浅香唯で三部作となる。
(3人とも好きだった)
全てのシリーズがインパクト大だが、オレにとって三作目の「風間三姉妹」の存在は大きく、忘れられないものとなった。
風間三姉妹とは劇中の登場人物「風間唯(浅香唯)」「風間結花(大西結花)」「風間由真(中村由真)」の三姉妹による架空ユニットであり、ドラマの主題歌のひとつ「Remember」を歌い、当時大ヒットした。
ドラマ終了後もこの3人で活動する機会も多く、現代でも彼女たちは仲良しのようである。

浅香唯の名が全国に知れ渡るきっかけとなったスケバン刑事であるが、アイドルとしてはやはり曲がヒットしなければならない。
デビューシングルから5作目まではふるわなかったが、6作目の「STAR」からの勢いは凄まじかった。
10作目「C-Girl」がオレの中での最高の浅香唯である。
風間三姉妹「Remember」と「C-Girl」は未だよく聴く浅香唯のシングル曲なのだ。

80年代はアイドルが多すぎて一人に集中できなかったので、やや偏った1ファンであったオレ。
浅香唯のレコードは当時ダビングに頼り一枚も買えていないのがオレの負い目だ。


ただ現代は当時もの含め、新作、リマスターも揃えているので許してほしい。
筋金入りのファンの方ほど浅香唯の知識はないが、愛する気持ちは変わらないと思っている。
重要なのは過去だけでなく現代も支持しているかだと思う。

それでは当時肌で感じた彼女のアルバムを簡単に振り返っていきたい。

IMG_0281

浅香唯のオリジナルアルバムのうち、レコードで発売されたのは全部で6枚。
デビューがレコード終焉期に近かったのでこれだけしかない。
(レーベル的にはハミングバード時代のみ)
少ないのでここではレコード時代に発売された唯一のベストアルバム「Present」も含めた計7枚を見ていきたい。

さて、浅香唯をレコードでコレクションする場合、コンプリートは容易である。
レコードとして最後の1989年発売分は球数が少ないとはいえ、分母が大きいのでそれほど苦労はしないだろう。
また、中古といってもレコード終焉期に近く、程度がいいものが多い傾向にある。
痛みの少ない美しいジャケットを手にすると当時のことが昨日のように思い出される。
(といっても当時はレコードは買ってないが)

オレが思う浅香唯の魅力はクセがなく聴きやすい声なのに個性もあるというところだ。
聖子や明菜は言ってみればかなりクセが強い。
それゆえ好き嫌いが分かれるという部分もあるが浅香唯の声は心地よくてすっと入ってくる。
身構えることなく気楽に聴ける感覚だ。
とはいえ歌唱のテクニックは一流かつ安定しており、正直今のアイドルと比べることはできない。
ライブを見ればわかるが圧倒的な声量を持ち、一瞬本田美奈子を彷彿とさせる部分もあるほど。

それでは個別に見ていこう。


Crystal Eyes(クリスタル・アイズ)
IMG_0251
発売日:1986年2月21日
価格:2,800円
品番:28HB-11
レーベル:ハミングバード
キャッチコピー:なし

A面
1.その気☆不思議
2.ヤッパシ・・・H!
3.ふたりのMoon River
4.星のマリーナ
5.あぶないサタデイ・ナイト

B面
1.恋愛ヤンチャ娘
2.ピンクの結晶(クリスタル)
3.サヨナラDecember
4.渚のセカンド・デイト
5.夏少女

IMG_0252
スタイリストさんに髪型を整えてもらっているようなメイキング的裏ジャケ。
半透明の帯が美しいがこれ破れやすい。

IMG_0253
ポートレートは3枚で1枚(一番右)は歌詞カード兼になっている。

IMG_0254
オレはこのハミングバードのロゴと響きが好きだった。

ドラマ「スケバン刑事Ⅲ」でブレイクする少し前にリリースされたデビューアルバム。

シングルから4曲も収録されるもヒットしてないのでアルバムの売り上げに貢献することはなかったようだ。
そもそもアルバム用の新曲が6曲しかないというのはシングルを買ったファンからするとアルバムとしてのお得感がない。

ちなみにこれに近い時期の聖子のアルバムは13th「SUPREME」、明菜は9th「不思議」と強力な名盤がライバルだ。
この頃の2トップアイドルはさらに円熟味を増し、アルバムの完成度も尋常ではない中での戦いはさぞ厳しかっただろう。

レコードはまだかろうじて襷帯付きの王道スタイル。
ジャケ写もアイドルのデビュー時定番の顔どアップでフレッシュな印象を受ける。
まだキャラクターが定まっていない頃でやらされてる感があるのがまたいい。
KYON2のデビュー時も同じ感じだったがそれより野暮ったさが少なく洗練されている。

内容については初期シングルが多くを占めるも、ヒットしてないのでアルバムの構成を邪魔するというほどではない気もする。
ボーカルはまだあどけなさが残る初々しい歌声で普通ではあるが決して下手ではない。
すでにただモノではない感を垣間見ることができるアルバムだ。
シングル曲を多く使いながらも無難にまとめており、アルバムの流れもかろうじてよい。
レコードの時代らしく、前半から後半への緩急の付け方が王道パターンなのがうれしい。
個人的にはB面の流れが好きであるが、シングル曲「夏少女」を最後にもってきたことでアルバムのエンディング感がなく終わるのがちょっともったいなく思う。


Star Light(スター・ライツ)
IMG_0255
発売日:1987年2月28日
価格:2,800円
品番:28HB-16
レーベル:ハミングバード
キャッチコピー:ビッグヒット”10月のクリスマス”をふくむ、輝く瞳のユイ待望の2nd・Album !!

A面
1.WEEKEND GIRLS
2.星空のディスコティック~Dancin on the Street~
3.10月のクリスマス
4.ひとりぼっちの卒業式
5.STAR

B面
1.コンプレックスBANZAI !!(Special mix virsion)
2.乙女のX day
3.April Dreamer
4.こんなに涙がこぼれるなんて
5.もう一度逢えるなら

IMG_0256
浅香唯の身長は151cmと小さい感じが伝わる裏ジャケ。

IMG_0257
ポートレートは3枚、歌詞カード(手前)は見開きでお得感あり。

IMG_0258

このアルバム発売年の前年10月より放送を開始した「スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇」ヒットのおかげで浅香唯の認知度が上がり始めた転換期にあたるアルバムだ。
しかし前作から1年経過してのニューアルバムは当時のアイドルとしてはペースがやや遅い。
つまり浅香唯はスタートダッシュしなかったアイドルということだ。

前作から1年も経ったのに、このセカンドアルバムはファーストアルバム以降に発売された3枚のシングルのA/B面6曲すべてを収録という暴挙に出ており、当時新興レーベルだったハミングバードの力のなさを痛感させられる。
(ハミングバードだけのせいではないがそういうイメージ)
こんなにシングルばかり入れてオリジナルアルバムとして発売していいものなのか、今になって疑問に思う。
やはりスケバン刑事の主題歌に採用された「STAR」がこのアルバムをかろうじて牽引したという感じだ。

というわけでアルバム用の新曲わずか4曲でこのアルバムを評価するのは非常に難しい。
シングル曲はAB面をリリース順に入れるのでなく、なんとかアルバムの流れを作るようにやりくりしているが、いうてもシングルでしょとなるので、いっそアルバム初出しのオリジナル曲だけでミニアルバムとしてもよかったのではとさえ思う。
新曲の配分はA面に3曲、B面に1曲とB面がもうベストアルバム状態。
ある意味異色なオリジナルアルバムである。
4曲のオリジナル曲がとてもいい曲だけに惜しいと思う。
ただシングル曲を6曲使って作ったよ、ということを気にせず聴いたのならこれはわりと傑作だと思っている。

このアルバムの特筆すべきは点は前作から1年でボーカルがさらによくなったこと。
特に高い部分が楽に出せるようになっており、聴いていて安心感が増した。
歌唱テクニックにおいても成長の過渡期にあったアルバムとなった。


Rainbow(レインボー)
IMG_0259
発売日:1987年9月23日
価格:2,800円
品番:28HB-18
レーベル:ハミングバード
キャッチコピー:大ヒット「虹のDreamer」「瞳にSTORM」のレインボーミックスを含む全10曲。全曲女性作詞家による七色に輝く唯のフェミニンな世界。

A面
1.風のWings
2.虹のDreamer(Rainbow Mix)
3.人魚の涙
4.千年天使
5.落葉のシルエット

B面
1.瞳にSTORM(Rainbow Mix)
2.Don't You Know ?
3.舞い姫
4.TO BE LATE
5.GOAL

IMG_0260
目線を外すようになればアイドルとしては次の段階だと個人的に思う。

IMG_0261
ポートレートは歌詞カードと一体化した。

IMG_0262

スケバン刑事の人気により知名度を上げた浅香唯。
いよいよ本腰を入れてアルバムを作り上げてきた感がある。
シングルである同ドラマ主題歌「虹のDreamer」と「瞳にSTORM」が収録されているものの、ニューミックスによりアルバムとしての差別化をはかり、好感がもてる。
3rdにしてようやくまともなアルバムを出してくれたのだ。

ただ音質についてはここまでのアルバムに共通して少し気になるところがあり、独特の響きが全体に付きまとい、少々聴きにくさがある。
ボーカルだけでなくすべての楽器にエコーがかかりすぎているのが原因で、そのためやや音像がぼやけた印象だ。
まあこれが浅香唯サウンドといえばそうなのだが、レコード会社の特徴ともとれる。
楽曲の構成については緩急があり、いい流れだ。
少々聴き込まないとハマるとかクセになるというところまでいかないかもしれない。
とはいえ、意欲的にアルバム制作に取り組んだ良作である。


Candid Girl(キャンディッド・ガール)
IMG_0263
発売日:1988年6月1日
価格:2,800円
品番:28HB-24
レーベル:ハミングバード
キャッチコピー:この夏の素敵 大ヒットシングル「C-Girl」「Believe Again」を含む全10曲!!

A面
1.C-Girl
2.Kiss of Fire
3.Sunrise to Sunset
4.Heatbreak Bay Blues
5.All My Love

B面
1.Believe Again
2.Stay by Me
3.Cry On
4.Hold Me Tight
5.Forever

IMG_0264
表もさることながら裏も素晴らしい。

IMG_0265
見開きの歌詞カード(上)+8ページ写真集が付属した。

IMG_0266

浅香唯最大のヒットシングル「C-Girl」を収録し、このアルバム自体も自身最大ヒットを記録した。
もうスケバン刑事の浅香唯ではなく、アイドルの浅香唯がここにはいる。
そういう意味でも本来の浅香唯はここから始まったといってもいいかもしれない。
個人的に全アルバムを通して1番好きなアルバムだ。
ジャケットにしても飾っておきたくなるほどセンスがいい。
写真の表情、髪型、ポーズからもこれこそ浅香唯である。

そして細かいが見逃してはいけないのがこのジャケットから採用されたシール帯。
前三作までのジャケットに巻く襷帯が廃止され、シュリンクに直接貼るシール帯となった。
そしてこのシール帯がジャケットデザインの一部となっているのだ。

例えばもしシュリンクを外したらこうなる。
丸くデザインされたタイトル部分にシール帯がくる。
candidgirl
これはこれでぜんぜんアリなのだが、オレは最初からシール帯をここに充てるつもりでデザインしたのではと思っている。

レコードがシュリンクパッケージ化されるようになるとこのようなシール帯は多くなった。
そしてそのほとんどがシュリンクの上から貼られている。
しかしこのシュリンクは非常に脆弱で保管にはとても気をつかうのだ。
破れてしまい、見苦しいので捨ててしまう人もいただろう。
よってシュリンク残の中古レコードはまず程度がいいものが多い。
中古購入の際のひとつの指標だ。
当時を知る上で、購入当初の状態でなければわからないことも多々あるといういい例になる。
物理メディアの中でも特にレコードはジャケットを愛でるには最高のメディアだ。
ダウンロード音源では決して味わうことのできない部分であり、目でも楽しめるのが物理メディアの長所でもある。

また、このアルバムよりドルビーSRの記述がジャケット裏にクレジットされるようになる。
ドルビーSRは業務用ノイズリダクションでマスターテープ作成時に使用しており、後に民生用カセットデッキに搭載されるようになるドルビーSの基になったノイズリダクションである。
このおかげか前作までの聴きにくさもなくなり、クリアで高S/Nないい録音のアルバムとなった。
オーディオ的にもいいアルバムである。

楽曲についてはよりキャッチーになり、各局特徴的なサビを持っている。
1曲1曲のクオリティが高いので捨て曲などひとつもなく、一度聴いただけで素晴らしいアルバムだと思える。
これなら聖子や明菜のアルバムにまったく引けを取らないと断言できる。
A面だけでひとつのストーリー(流れ)を作り、B面からはまた新たなストーリーが紡がれるという、オレが理想とする形を踏襲している。
これに限らないが、この時代のアルバムをCDで聴くならレコードのA面B面を強く意識しながら聴くと見えてくるものがあり、よりアルバムを楽しめるようになるだろう。
これは浅香唯の全オリジナルアルバム中でも最高傑作であり、全アイドルアルバムを通しても名盤のひとつとして語り継ぐべき仕上がりだ。
浅香唯のアルバムを聴いたことがない人はまずこのパーフェクトなアルバムから聴いてほしい。


HERSTORY(ハーストーリー)
IMG_0267
発売日:1988年12月1日
価格:2,000円
品番:20HB-26
レーベル:ハミングバード
キャッチコピー:浅香 唯の個人史 とても浅香 どれも浅香

A面
1.雨が雪に変わった夜に
  Snow Winding Road―Midwinter 1988―
2.スターシップ
  Star Ship Magic―Spring 1985―
3.笑顔にためた涙
  Cry For The Moon―Beginning of Summer 1986―

B面
1.ホントならタイヘン
  Break ! ―Early Spring 1987―
2.右瞳(みぎめ)いっぱいの夏
  Vitamin C―Midsummer 1988―
3.未来へつづく朝
  Today Yesterday Tomorrow―Early Dawn 1989―

IMG_0268

IMG_0269
見開きの歌詞カード、ポートレートはない。

IMG_0270

価格からもわかる通り、全6曲のミニアルバム。
これはオリジナルアルバムに数えられるも純然たる企画アルバムだ。
例えば明菜でいう「SILENT LOVE」みたいなもの。
(明菜側はオリジナルアルバムとしていない)
特筆すべきは片面3曲のLPということはオーディオ的には非常に音質によろしいだろうというところ。
オリジナルアルバムなら通常片面5曲は入れるところ、3曲なので実際音溝を存分に使ってて余裕がある。
33回転ではあるものの、近年の再販LPが音質重視のためにわざわざ2枚組にしてしまうほど、レコードにとって音溝の使い方は音質に大きく影響するのだ。
そういう意味では浅香唯のLPの中では一番音がいいんだろうなとなる。

企画アルバムということでこのアルバムのテーマは浅香唯自身の自分史的な内容だ。
各曲の副題にもあるようにある年ある季節での出来事を切り取っている。
浅香唯のコアなファンであれば「ああ、あの事か」とピンときてあの時こんなこと思ってたのかと思いを巡らせ楽しめるだろう。
B-3「未来へつづく朝」は自身で初めて作詞している。
ヘビロテしたくなるほどのキャッチ-さも感じられずミニアルバムの域を脱していないと感じる。
とはいえ、小室哲哉の曲ばかりが目立つTMネットワークの木根尚登の曲はかなり好きだ。
全体にポップで元気な印象であるが、企画ものということもあり万人におススメできるアルバムではない。


MELODY FAIR(メロディー・フェア)
IMG_0271
発売日:1989年3月1日
価格:2,800円
品番:28HB-27
レーベル:ハミングバード
キャッチコピー:ようこそ!浅香のメロディー・フェアへ。

A面
1.Melody
2.泣かないでMy Heart
3.Moon Train
4.TRUE LOVE
5.RELY ON ME

B面
1.トライアル
2.セシル
3.BANDIT
4.ホワイト・ナイツ
5.瞳のラビリンス

IMG_0272

IMG_0273
見開きの歌詞カードのみ付属する。

IMG_0274

浅香唯のオリジナルアルバムでレコード発売分としてはラストのアルバムとなる。
世はレコードに代わり、CDのデジタル時代へと本格的に突入していくのだ。
レコードで発売されていたのならそこまではぜひレコードの音で聴いておきたいもの。
これ以降のアルバムはアナログ代表としてカセットテープで販売されることとなる。

「C-Girl」以降の大ヒットシングル3曲(Melody、TRUE LOVE、セシル)を収録し、オリジナルアルバムには確実にシングル曲を複数を入れてくるやり方は相変わらず。
収録シングル曲はシングルバージョンとは少しだけ違うに留まり、大きくアレンジを変えているわけではないが新鮮。
アルバム全体としては「Candid Girl」に次ぐ秀逸な作品で、要するにこれはアルバムオリジナル曲が素晴らしいということだ。
オレが語らずとも売り上げデータが物語る浅香唯を聴くなら間違いない名盤である。


Present(プレゼント)
IMG_0275
発売日:1987年12月1日
価格:2,800円
品番:28HB-28
レーベル:ハミングバード
キャッチコピー:唯からの素敵な贈り物。初のベストアルバム

A面
1.Remember
2.夏少女
3.ふたりのMoon River
4.モダンボーイ白書
5.ヤッパシ・・・H!
6.贈り物

B面
1.コンプレックスBANZAI !!
2.10月のクリスマス
3.STAR
4.瞳にSTORM
5.虹のDreamer
6.Remenber(浅香 唯ソロバージョン)

IMG_0276

IMG_0277
ポートレート兼の歌詞カードが付属する。

IMG_0278

ベストアルバムとして唯一当時レコードで発売されたアルバム。
リリース順としてはオリジナルアルバム3rd「レインボー」と4th「Candid Girl」の間になる。
浅香唯がブレイクし始めた頃のベストなのでここから浅香唯を聴き始めたという人も多いのではないだろうか。
初期ベストのため、これが浅香唯ですと入門用におすすめできるものではないが、内容に間違いはない。
(当時このアルバムだけで満足していた人もいたかもしれない)

曲構成は基本的にそれまでに発売されたシングル曲とそのB面を収録。
アルバムタイトルをなぞるように主題曲となる新曲「贈りもの」が追加されているのが心憎い。

本作の特筆すべき点は風間三姉妹の「Remember」が収録されているところ。
個人のベストにもかかわらず、ドラマから生まれたユニット曲をまさかの1曲目にもってくるとはなんとも制作側の意図を感じる。
これはやっちゃいけないような気もするが、ドラマ人気にあやかって少しでも売りたかったのだろう。
「Remember」は浅香唯、大西結花、中村由真による混合ボーカルとなる。
これを聴いてまず思うのが浅香唯の圧倒的なうまさだ。
当時の歌番組でも生歌となると浅香唯は群を抜いてうまかった。
まぁアイドル歌手としてのキャリアと慣れを考えればこの時点では当然だろう。
しかしながらこの曲については大西結花の歌唱も個人的にはかなり好み。
まあアイドル然としてかわいらしいしそこそこうまい。
中村由真のボーカルはまだ初々しさがあり、歌い慣れしていない印象だ。
とはいえ、その違いのおかげで誰が歌っているのかがよくわかる。
さらに注目すべきは「Remember」の浅香唯ソロバージョンで閉めていること。
風間三姉妹の歌を浅香唯だけで聴きたいという声があったのかなかったのか知らないがこのアルバムの大きな売りのひとつとなった。
ちなみに大西結花も自身のアルバムでソロバージョンを発表しているので聴き比べるのも面白いだろう。
そして風間三姉妹好きならサントラ盤パワーアップミックスも当然おさえるべきである。
IMG_0280

リミックスバージョンはサントラの他に2010年発売(2020年再発)紙ジャケットBOXの「Present」にもボーナストラックとして収録されていている。
オリジナルは全員のボーカルがセンターに定位しているのに対し、リミックスは浅香唯(センター)、大西結花(右)、中村由真(左)にふるなどの違いがある。


さて、改めて通しでアルバムを聴いていると浅香唯というアイドルは確実に実力のあるアイドルであることがわかる。
ただ当時はそんなアイドルが決して少なくなく、非常に競争が厳しい時代を駆け抜けたアイドルのひとりでもある。
それでも今でも多くの人の記憶に残り、愛され続ける理由はもちろん彼女の人柄。
そして適度な露出と今も歌を聴かせてくれるファン思いなところだ。

オレはそんな浅香唯の歌が当時よりも今、とても好きなのだ。


おまけ

当時ダビングしたカセット
(昭和63年録音)
IMG_0247

レタリング技術は当時のほうが高かった
(インデックスカードはFMステーションより)
IMG_0248

残念なほど下手な手書き。
今も同じ字をかける・・・
IMG_0249

浅香唯はAXIAカセットのイメージキャラクターを務めた。
ならば当然AXIAで録るのが当時の流儀である。
IMG_0250