さくの家電のーと

オーディオ、音楽、家電全般に関する備忘録ブログ

テレビ/レコーダー

4K有機ELテレビ SONY XRJ-65A90J(設置編)

2021年12月 リビングのテレビを買い替えた。

買ったテレビは2021年秋現在ソニーテレビカタログのフラッグシップモデル「XRJ-65A90J」だ。
p_a90j

思えば実家を出てからのオレのテレビ遍歴はほぼソニー。

・ビクターブラウン管(1989年~)
・ソニートリニトロンワイド(199?年~)
・ソニー液晶ブラビア(2007年~)
・今回の有機ELブラビア(2021年~)
(未だ4台目なのはすごい?)
もちろんメインテレビに限るという話で、サブはソニーエアボードやパナのプライベートビエラ等も使ってきた。

レコーダーやプレステとの親和性もあって今回の機種選定もソニー一択。
液晶の選択も価格の面でなかったわけではないが、やはり有機ELで見てみたい。

また、自称オーディオマニアとしてはフラッグシップモデルが欲しいとなるが・・・。
今回購入したフラッグシップA90Jと下位モデルA80Jにはカタログ数値には出ていない画質の差があるとの口コミも見た。

そこで実際店頭で見比べてみたが、うちの今のテレビに比べたらどれも綺麗で何に買い替えても間違いないというのが正直な感想・・・
まぁオーディオもそうだが真剣に比較しようとすればその時に違いはわかっても買ってしまえば比較はできないし、差があったとしてもだから何なの、とそんなもの。

それでもA90Jを選んだのは14年間も買い替えずに頑張った自分へのご褒美以外のなにものでもない。
あとはオーディオマニアとしてのくだらない意地と自己満足のため。
何よりフラッグシップという魔法の言葉だけでもオーディオマニアにとってプラシーボ効果は抜群だ。
(普段フラッグシップなんて買わないし)
とはいえ買い替えスパンが短ければこの選択はなかっただろう。
今回も当然少なくとも10年は使うつもりだ。
基本不便であるとか壊れない限りは買い替えないタチ(ケチ)である。

そういうわけで新しいテレビは2021年12月10日(金)に我が家に届いた。
IMG_0168

事前に設置場所は片づけておいたので作業スペースも確保済み。
IMG_0157
ソニーから取り寄せた設置イメージ用の紙で65インチが余裕で設置できることも確認済みだ。
左側の梁と右側のカーテンの関係でこれ以上はちょっと厳しいのだ。

ノジマの委託業者さんが設置作業を始める。
IMG_0165

大の男が二人掛かりで作業するのであっという間に組み立て、設置は完了した。
IMG_0175

テレビは壁掛けではなく、ハヤミ工産の壁寄せスタンドKF-260Wを選択した。
10010004991829300654_1
ハヤミ工産 KF-260W

まず壁掛けにしなかったのには大きな理由がある。

オーディオマニアあるあるだが、配線は自分でやるし、ケーブルの取り回しの変更やらでテレビ裏をいじることがちょくちょくあるからだ。
そういった時に壁掛けだと作業がしづらい。
また、壁掛けすると設置後の位置変更の自由度が低く、次のテレビの買い替え時にも何かしらのトラブルの原因ともなりかねないからだ。
(もちろんスペースに余裕があるのであれば壁掛けはしたかった)

よって業者の方にはスタンドの組み立て、テレビの取り付け、テレビケーブル仮接続&チャンネル設定のみお願いし、帰っていただいた。
作業時間はトータルで40分もかからず終了。
(旧ブラビアはリサイクルで引き取ってもらったがリモコンは忘れていった)

あとはオーディオマニアの大好物「配線」の時間。
思惑通り、何度も配線をやり直すことになり壁寄せスタンドで正解だったとつくづく実感。
KF-260Wは底面にフェルトシートを貼ることで床を傷つけることなく動かすことができる。
65インチのブラビアを取り付けた状態でも片手で楽々動かせるのはうれしい。

ここでスタンドの話になるが、今ではかなりの種類のスタンドから選択することができる。
しかし、そのほとんどがオレには使えないスタンドばかりだったのだ。
その理由は、既存TAOCのオーディオラックキャスターが6本脚だから。
お気に入りのオーディオラックなのでこれは変更したくない。
つまり6本脚のうち中央壁側(奥)のキャスターがあることで普通のスタンドは使えないのだ。
IMG_0153

そこで探し当てたのが、ハヤミ工産の「KF-260W」だった。
65インチまで対応した壁寄せスタンドでカラーは壁の色に合わせてホワイトにした。
一番の特徴は写真でもわかる通り、ベース部が四角いフレーム形状で中があいていること。
IMG_0219
ここにラックのキャスターを入れることでベース部に干渉せず、かつラックもある程度動かせるのだ。
このスタンド自体はずいぶん前から知っていたので買うならこれと思っていたが、ひとつだけ問題はテレビの設置高がわからないことだった。

オレの場合、TAOCのラック高(61.5cm)からプラス12cm上にテレビの下端がくることが希望だった。
つまり床からテレビ下端まで最低73.5cmの高さが欲しかったのだ。

その理由は今回を機にレコードプレーヤーをラック上に設置したかったので、レコードプレーヤーがテレビ画面に干渉しないだけの高さが必要だったのだ。
(ちなみに設置予定のレコードプレーヤーは高さ12cm)
店頭でラックの現物を確認していけそうかなと思っていたが、実際設置が完了するまではドキドキだった。
結果、スタンドの最高部に65インチブラビアを取り付けたら77cmも確保できたのだ。
3.5cmもマージンができたのは正直予想外だった。

テレビ下端が床から77cmもあり、上端は床から約160cmにまで及ぶのでちょっと高すぎではないかと思っていたが、ソファに座った状態では意外に違和感がない。
確かにやや見上げる姿勢となるが、ソファにもたれかかると自然に目線は上向きになるため全く疲れないのだ。

実はテレビ買い替えを躊躇していた理由のひとつがこの壁寄せ方法に長年悩んでいたというのもあったので達成感もひとしおだ。

そもそもオーディオもありきでのこの設置高。
設置スペースはテレビの幅分しかなく、のちのちスピーカーを置くことを考えるとテレビ画面にも干渉しないある程度の高さが必要だったのだ。
また、テレビ音声はヘッドホンか今回導入したネックバンドスピーカーを使うので、基本テレビ音声はオーディオから出すつもりはない。

さてテレビ高が問題ないことがわかれば後は楽しい配線。
新しいレコーダーとネックバンドスピーカーが今回の追加機器となる。
既存のケーブルを使いまわすつもりだったが、せっかくなのでケーブルも最適な長さのものに交換してケーブルの煩雑さも軽減したい。

オーディオマニアには購入後も多くの仕事(出費も)が残っているのだ。

アンテナケーブルはテレビ端子が壁に二つあるのでそれぞれテレビ用、レコーダー用として電波の減衰を最小限におさえる接続とした。
IMG_0188

これまでテレビ裏に隠していた無線ルーターはスタンドの後ろに設置スペースがあったので有効活用。
IMG_0222

あとはレコーダー、ネックバンドスピーカー等を仮接続してとりあえず完了した。
IMG_0221

ちなみにテレビ裏面のヘッドホン端子に防塵用キャップをつけたらヘッドホンが常時接続された状態と認識され、テレビスピーカーから音がでなくなったのでキャップは外した。
IMG_0220

細かく接続状況を確認しつつ、様子を見ながらなのでまだまだ終わりではない。

テレビ買い替え

2021年12月 リビング用テレビを買い替えた。

これまで使ってきたリビングのメインテレビはソニーのブラビアで2007年製46インチ液晶「KDL-46X5000」
KDL-46X5000

人生初液晶テレビ ブラビア視聴記

買って間もない頃のブログ記事を読み返すと懐かしい。。
IMG_0147
思えば当時は自身初のハイビジョン対応液晶だった。
アナログ地上波もまだ放送していた。

あれからまる14年、壊れたわけではないがさすがに14年も使ってると現代のコンテンツを視聴するには厳しいものがあった。

2022年現代のテレビの視聴スタイルは放送波だけでなくインターネットによる配信をオンデマンドで視聴できることも必須となっている。
もちろん2007年製のブラビアでもそれができなかったわけではないがテレビ単体としては無理。
プレステやパソコンを介してそれらを視聴してきたのだ。

それに不便を感じるも、まだ綺麗に視聴できるし、何より買い替えは大きな出費となるのでなかなか重い腰が動かなかった。

これまでも何度か買い替えを考えたが強く意識したのは東京2020オリンピック前だった。
オリンピックのタイミングでテレビを買い替えるなんてことは多くの人がやることだが、2020年はコロナの影響でオリンピックの開催自体が怪しいという状況。
当時は「やるかやらないか」そんなグダグダ感も手伝ってオレのテレビの購買意欲もなえていた。
結果、東京オリンピックは一年延期の2021年開催となった。

2020年はテレビを買わない口実ができたことに内心ホッとした部分もあったが、2021年になってギリギリまで迷うも結局既存のブラビアのままオリンピックを迎えることにした。
理由は車の車検で大規模修理費が発生(50万)したため、お金が工面できなかったからだ。

そういうわけですっかり買い替えのタイミングを逃してしまったわけだが、今までのブラビアでは機能面で不満があることに変わりはない。
また自称オーディオマニアのオレが2021年まで2Kテレビを使い続けたことにも驚きだ。

東京オリンピックが終わっても、テレビを買い替えたいという思いは大きくなるばかり。

とにかくお金は貯金を崩してでも工面するしかないが、それなりの購入理由もオレには必要だ。
(何しろテレビは壊れてないので)

そこで買い替えが必要な理由を考えた。
・2022年に冬季オリンピックが開催される
・AmazonプライムビデオやYouTubeを見るのにPS4を起動するのがもう面倒
・テレビをオーディオラックの上に置きたくない(壁掛けまたは壁寄せしたい)
・とにかく4Kが見たい

考えようによってはどれもぜいたくな理由かもしれないが家電好きのオレには十分だ。

オリンピックイヤーが翌年もやってくるのは異例なことだが買い替えの理由にはなる。

また、インターネット配信をシームレスにテレビ単体で見ることこそ真の現代スタイル。

テレビをラックの上に置きたくないのはリビングにもレコードプレーヤーを置きたかったからだ。

もちろん古いブラビアでも壁掛けに対応してはいるが、46インチなのに重量は約40kg、厚さも10cm超と壁の強度やスタンドの耐荷重を考えると現実的ではない。
IMG_0150
ブラウン管から液晶に買い替えた2007年当時はその薄さ軽さに感動したものだが、現代のテレビの物理的な進化も特筆すべき点だ。

なのでテレビ買い替えのタイミングでラック上スペースをクリアにするつもりだった。
リビングラックにはすでにアンプ、CDプレーヤー、カセットデッキ、ミュージックサーバーを置いているが実はこれ全部飾り。
IMG_0145
なぜならスピーカーがないので鳴らしていないからだ。
長年リビングにもセカンドオーディオシステムを作りたいと思っていた。
ラック上がクリアになればさらにレコードプレーヤーも置ける。
テレビを壁掛けまたは壁寄せする際、テレビ下端の高さが決まるのでそのタイミングまでスピーカーを設置するのは控えていたのだ。

とりあえずっていうのができない性分でテレビを買い替えたらやってやろうと長年考えていた。

4Kについては2Kで十分という声もあるがそれは違う。
画質の違いは明らかであり、現代に至ってはコンテンツ不足とは感じない。
4K放送は現状BS/CSのみであるが各種ストリーミングやUltra HD Blu-rayを含めればコンテンツは豊富とも言え、恩恵に預かるには十分な時代となってきた。
将来的にPS5も加えることを考えれば4Kは必須と言える。

そんな訳で今に始まった不満でもなく、数年悩んでいたということで、もう買い替えるのがベストだっという結論に至った。

しかし、最後に背中を押してくれたのはソニーの「セットで最大7万円キャッシュバック」キャンペーンだった。
これは対象のブラビア・ブルーレイレコーダー・ネックバンドスピーカーを購入すればモデルに応じてキャッシュバックされるというもの。
大きな買い物になるので資金の工面が少しでも楽になる本キャンペーンは渡りに船となった。

そういうわけでキャンペーンの条件に合致するかだが、4Kテレビにしたらついでにレコーダーも4K対応にしようと思っていたので同時購入は問題ない。
BDZ-FBT2100
Ultra HD ブルーレイレコーダー SONY BDZ-FBTシリーズ

ネックバンドスピーカーはドルビーアトモス対応の「SRS-NS7」のみキャンペーン対象だったがネックバンドスピーカーにはもともと興味があった。
SRS-NS7
ネックバンドスピーカー SONY SRS-NS7

実は現状デジタルサラウンドヘッドホンシステム「MDR-HW700DS」を愛用していることもあって、後継機種の発売をずっと待っていたがどうにもモデルチェンジの気配がないのでちょうどいい。

すでにHW700DS付属ヘッドホンのイヤーパッドやヘッドバンド部は経年劣化でボロボロなのだ。
テレビは買い替えなくてもこれだけでも買おうと思っていた。
00000001523074_A01
サラウンドヘッドホン SONY MDR-HW700DS

そういうわけでたまたま買い替え対象が一致したのは幸運。
(ただ同時購入するつもりはなかったが)

こうなるともう早い。
ソニーホームページで商品仕様を確認し、機種を絞る。
ソニーストアと価格.comで最安金額を比較。
しかし購入するのは地元の家電量販店で現物を見てからと決めていた。

早速、2021/12/3に地元ノジマ鎌倉店に足を運んだ。
リサイクル料金(運搬料)、設置サービス等細かい部分を確認し、金額の折り合いがついたのでその場で即決してしまった。
(お金のことは後で考える)

結果的に支払額はソニーストアでの購入金額よりプラス1万円、価格.com最安よりプラス2万円。
まとめ買いできることや地元の安心感を考えればこの価格差は許容範囲。
ひとつだけ特別なのはノジマのオリジナル保証で売り場担当者の言う「無敵保証」なるものをつけたこと。
これをつけなければ実はどこよりも最安で買えた(ノジマすごい)のだが、今後起こりうる天災を考慮するならテレビが壊れることもあるかもしれない。
ノジマの「無敵保証」はいかなる場合でも破損したら新品交換できるというものだったのだ。

そういうわけで我が家のテレビ環境はようやく時代に追いつくことができたわけだ。

しかし、いざ旧ブラビアとお別れとなると14年も使い続けていたのでいくらテレビであっても愛着がある。
KDL-46X5000は46インチ液晶であるが2007年当時としては大画面の部類に入るものだった。
一番のお気に入りは液晶パネルを囲むスピーカーとさらにその周りを囲むアクリルパネルのデザインだった。
IMG_0156
46インチではあるがこれらのおかげで見た目は55インチに迫るサイズとなる。
難点としては画面横に配置されたスピーカーのグリルにホコリがたまるくらい。
今でも洗練されたデザインだなと思うが、実のところぶ厚くて重い。

それでも当時は32インチのソニートリニトロンブラウン管テレビからの買い替えだったのでその薄さには驚いたものだ。

そしてもっとも古さを感じさせる部分はやはりこれ。
IMG_0192
購入当時地デジはまだ地上アナログ放送との過渡期であったため、アナログチューナーも搭載されていたのだ。
当然近年では何も映らなく、無用の長物となっていた。
また、ビデオ入力にコンポジットやD4端子があるところも時代を感じさせる。
(無線LANはないが有線LANは装備している)

惜しむべきは全く問題なく視聴できていたことだ。
他の部屋で使おうにもさすがに無駄にでかすぎる。
しかし、新しい家電を導入することで自分の生活がより便利になることのワクワクはそれに勝る。
家電にはアップデートがつきものだ。

接続機器の配線を考えたりケーブルの交換を考えるのもオーディオマニアは楽しい。

この記事を書いている時点ですでに新しいテレビは導入済み、かつ1か月以上使っているので、引き続きテレビ・レコーダー・ネックバンドスピーカーのレビューも記録していきたい。

地デジと液晶テレビの次なる流れ

2008年3月夕、会社帰りのいつものヨドバシカメラ寄り道。

見慣れたテレビ売り場だったが最近変化が出てきたようだ。

地デジ移行に伴うブラウン管から液晶テレビへの買い替えも年度末となり加速する。
基本的にテレビって買い替えするたびに画面が大きくなっていくのが普通のような気がする。
大画面テレビもなんとか値段が落ちてきた。

しかし、大画面液晶よりも異様な活気を感じたのが20、26インチクラスの液晶テレビコーナー。
去年の同じ時期に比べても明らかに活気があるように思う。
イメージ 1

ブラウン管でいえば14インチクラスの小さなテレビ。
値段は26インチでも軽く10万円を超えるものが多い。
下手すると32インチも買える値段。

ここら辺を押してるのはなぜか考えてみた。

ひとつの流れは、
毎年この時期は引越しシーズン。
4月から一人暮らしする学生や新社会人にはまずこのサイズのテレビが最適なのかもしれない。
まだまだ地デジ液晶テレビは高いので、単身用で少しでも安くとなるとここに落ち着く。

もうひとつの流れは、2台目。
すでに大画面液晶やプラズマに買い換えた世帯はキッチン、寝室なども
液晶(地デジ対応)にしなければ、やがて見れなくなってしまう。
つまりリビングの大画面よりこのクラスの液晶テレビの方が2台目には最適ということだ。
今時テレビが1台しかないというファミリー層も少ないだろうし。

今、アナログ放送からデジタル放送への移行を目の当たりにし、まさにデジタルの時代が到来したのだと実感できる。

オレもキッチンの12インチワイヤレス液晶(地アナのみ)と液晶ブラビア(地デジ・BS/CSデジ対応)
の体制は移行段階ではあるとはわかっていても画質のギャップには違和感を持っている。
近いうちにレコーダー共にすべてデジタルに移行したいと思っている。

そう考えると1世帯あたりのデジタル完全移行にはまだまだ時間がかかりそうだ。
イメージ 2


しかし、現状32インチクラス以下は地デジ・BS/CSデジタルチューナー内蔵とはいえフルHDに対応していないものばかりだ。
まぁ画面が小さいとフルHDは不要かなとも思う。
そういう意味では32インチがフルHDの境界線となっているようだ。
将来、より精細化が進んだ場合の境界線はどこになるのだろうと思いをはせる。

とはいってもフルHDとそうでないものは絶対的に情報量が違う。
例えばフルHDでないテレビで野球を観るとファースト・セカンド・サードのダイヤモンドしか写っていないのが、フルHDテレビならライト・レフトの外野部分まで見える。
ドラマにしても写っていない部分が必ずあるわけでそこらへんの問題を考えると、今後小画面を買うのは不安だ。

オレとしては画面がどんなに小さかろうとフルHDがよいと思う。

まだ32インチ以下のクラスは明らかに価格がこなれてないのでサイズに対する割高感が否めない。

買い替えを考えるなら、まずリビングは大画面ですぐに、32インチ以下はサイズに見合う価格になるまで待って寝室等他の部屋を順次買い替えていくのがいいだろう。

ブラウン管より場所を取らない液晶なので今までテレビを置いてなかった部屋にも置けるようになることも考えられる。
一人暮らしでもテレビが2台以上という時代がくるのかもしれない。

地上アナログ放送終了まであと3年と数ヶ月。

アナログでもぜんぜん我慢できるるなら、ギリギリまで待つのもありだ。
オレはデジタルの画像を見ているのでアナログはもう無理だ。

まだ時間はあるが、アナログ放送終了間際にテレビやレコーダーを一気に買い換えるのも出費がかさむ。
少しずつでも余裕を持ってデジタル化を積極的に進めるべきだと思っている。
それくらいデジタル放送は最高!

これから日本のテレビ放送がどうなっていくのか楽しみだ。

次世代テレビ!? 有機ELテレビ

会社帰りに閉店間際のヨドバシカメラへ市場調査に行った。

新しいウォークマンを買おうかと見に行ったのだがとりあえず夜も遅いのでこの日はやめた。

すると気になるものを見つけた。

有機ELテレビ SONY XEL-1 200,000円
イメージ 1

2007年の発売から5ヶ月ほど経過していたが、これが噂の有機ELテレビだ。
当然のことながらとりあえずいつも通りカタログは確保。

有機ELとは画面を発光させるひとつの技術の名称。
Organic Electro-Luminescenceの略らしい。

プラズマvs液晶は液晶の勝利という形で幕を閉じそうだが、すでにその液晶に変わるであろう?
次世代のパネルがいち早く商品化されたというわけだ。

なかなか近くのヨドバシに置いてくれないのでソニービルにでも見に行こうかと思い、すっかり忘れていた。

そしてたまたまではあるが、実機を見てまず思ったこと。

薄いことはとにかく凄い、パネル厚はわずか3mm!
しかし、あまりに画面が小さく(11V型)それほどインパクトがないのが残念すぎる。
とりあえず商品化したが時代先取りすぎで実質試作機がお得意のソニー、またやってしまったのか?
イメージ 2


では気になる画質は?

じっくり見たわけではないが高コントラストなのはよくわかった。

ただ、ぱっと見の見え方は、ノートパソコン液晶でグレア(光沢)処理が施された画面と似ているという印象。

うちのMac Bookもグレア処理なので、高コントラストな画面には見慣れている。
ようするにパソコンの画面ほどにやっとテレビが追い付いたということか。

サイズさえでかければと思うのだが・・・

薄さ画質より、気になる残像はデモ映像がおとなしくてチェックできなかった。

では、有機ELテレビのメリットとはなんだろうか?

・とにかく薄いので大型化の際は設置や重量に有利

・パネル応答速度が原理的に液晶とは比べられないほど早い

・視野角が180度に近い(180度だったらそもそも見えないけど)

・画質はまだまだ未知数だが液晶以下ということはなさそう

・消費電力は同じサイズなら液晶より少ない?


ディスプレイが薄いのはいいことだが、画像を映すにはチューナーが必要。
外部機器との接続ケーブルも必要だから3mm厚のディスプレイとは別筐体となっている。
スピーカーも気になる。
物理的問題でさすがにこの薄さはディスプレイ止まりだ。

ここら辺を今後どう対処していくか見守っていきたい。

液晶もまだまだ薄くできることやパネル応答速度の高速化により残像問題も解決されつつある。

2008年現在スタンダードの液晶テレビだが、有機ELがこれに取って代わるのは何年後だろうか?

液晶の進化次第ではまだまだ次世代パネルと決めるのは勇み足かもしれない。

少なくともソニーは、どこよりも早く時代を先取りした製品を出したことに違いはない。
各社ついてくるのか、まだ早すぎたか、ウォークマンでもよく見てきた構図だな。

他メーカーの参入、低コスト化が普及の第一歩と考えると時期尚早と思われる。

ただひとつ言えるのは、間違いなくいい商品だということだ。

人生初液晶テレビ ブラビア視聴記

2007年11月 念願のフルHD大画面液晶テレビがうちにやってきた。

SONY BRABIA
 KDL-46X5000

ヤマダ電機で30万

2008年2月 使いはじめて3ヶ月ほど経ったのでレポートをしておこうと思う。

部屋の大きさはともかくとして、買うなら最低46インチと決めていた。
で、実際設置した時はかなりデカイな、と思ったのだが慣れるとなんでもなくなる。
予算が許す限り大画面を選ぶべきだな、とこの時思った。(ちなみに視聴距離は1.8m程度)

ブラビアの機能を適当に検証してみる。

ライブカラークリエーション(鮮やかな色合いを再現する機能)
効果はホントにすごい。
といっても他と比べられないけどとりあえず設定を「強」にしている。
確かに鮮やかで明るさをやや落としてもその効果は見て取れた。

モーションフロー(早い動きのボケを軽減しくっきりさせる技術)
一番期待していたのだが、実際はやっぱり現時点での液晶の限界を感じたというのが正直なところ。
静止画は当たり前に綺麗なのだが・・・

とりあえず画面を撮ってみた。

イメージ 1

映画「トップガン」DVDより
元が悪いのでいまいちだ・・・

イメージ 2

トップガン2枚目。
やっっぱりブルーレイが欲しい・・・

イメージ 3

地上デジタル TBS「だいすき!!」の1シーン
実際は綺麗なのだがオレの撮り方がまずいらしい・・・
ドラマはとても面白い!

イメージ 4

BSデジタル BS-iより
静止画ならなんとなくブラビアの美しさが伝わるか?

イメージ 5

文字があると分かりやすい

イメージ 6

BSデジタル TwellVのQVCより
MCの気になる動きは無視していただきたい・・・

なんのレポートなのか自分でもよくわからないが、初めての大画面液晶の感動を残す意味で。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ