さくの家電のーと

オーディオ、音楽、家電全般に関する備忘録ブログ

TDK

日本未発売 TDK SA-XG その1

1980年代のTDKのカセットテープは把握していたはずだったが、さすがに海外向けの日本製カセットテープまではその興味が及ばなかった。

しかしある時ネットで見たことがないTDKのカセットを発見し、それ以来ずーっと気になっていた。

DSC06096

それはSA-XGといい、海外のみで発売された日本国内未発売のカセットテープだった。

型名からその位置づけは日本のSA-Xの上位にあたるものであり、同世代メタルのMA-XG同様にハイポジの最高グレードだろうということは容易に想像できた。

とにかく、これだけは欲しいと思わせた一品だ。

TDK SA-XG
DSC06091

発売年:1985年頃
発売元:TDKエレクトロニクスコーポレーション(ニューヨーク州 ポートワシントン)
ポジション:HIGH
ラインナップ:60分、90分
備考:日本国内未発売

海外ではプロフェッショナルリファレンスシリーズの一つとして売られていたようだ。
DSC06095

このシリーズに属するのは以下の通り。
・ノーマル:AD-X
・ハイポジ:SA-XG、SA-X
・メタル:MA-XG、MA-X
全て日本の型名と同様だがこの世代にSA-XGだけがなかったことがこれでわかる。

DSC06092

パッケージデザインは日本の同年代のものとは異なるが、書体や大まかなデザインは同じだ。

ハーフ構造は見た目だけならMA-XGと同じに見える。
MA-XGは強化プラスチックでアルミダイキャストフレームをサンドイッチし、テープガイド部分がプラスチック製だった。
フレームの色はMA-XGよりも濃い。

TDK MA-Rデザインの最終形 MA-XG


DSC06093

テープについては日本に存在しないカセットのテープを独自開発するとは考えにくいのでおそらくはSA-Xと同等ではないかと推測する。

カセット本体は開封してみないと詳細がわからないが、カセット本体の印刷はMA-XGとは全く異なるレイアウトのようだ。

ようやく手に入れたのが今から3年ほど前になるか。

なぜこのカセットが欲しいと思わせたか。

それはTDKメタルのMA-R・MA-XGと同じ流れをくむデザインだからだ。
MA-Rは日本が誇る最高のメタルテープであるのは揺るぎない事実なので、当然その後継やシリーズも同様の価値があるというわけだ。

当時TDKのハイポジ最高峰は日本ではSA-X(またはHXという説も)だったのでまさか海外でSAシリーズのMA-XG版が存在するとは思いもしなかった。

ソニーのメタルマスター(メタル)とUXマスター(ハイポジ)のような関係のコンセプトがTDKにも海外ではあるが存在したということは驚きである。

なぜこれを日本で発売しなかったのか理由はわからない。

次回は開封して詳細をさらに検証したいが、もったいないのでいつ開封するかわからない。

TDK 幻!?のゴールデンカセット

TDKという社名は旧社名のそれぞれの頭文字から命名されている。

東京(T)電気(D)化学(K)工業株式会社

これがかつての社名。
カセット世代であれば当然知っていてしかるべき。

とはいってもカセット全盛時からTDKで通っていたので逆に正式な社名はカセット世代でも
なじみにくいかもしれない。

このカセットテープはまだTDK(株)が東京電気化学工業(株)だったころの珍品。

TDK Golden Cassette
テープ:D C60使用
イメージ 1


キンキラキンのまばゆいばかりのまさにゴールデンカセット。
クリア塗装され、ネジまでゴールドという凝りよう。

かつてのTDK磁気テープ事業部のプレゼント企画だったらしい。
したがって非売品。

歴史的な価値という意味ならこれほど珍しいものはない。

裏面
イメージ 2

このカセットにはA面B面の表示がない。
実用と考えているわけではないのか、使えないわけではないのだが。
極めてシンプルであるがゴージャスだ。

ちなみにハーフ素材は普通のカセットと同様プラスチック。
金色はメッキによるゴールド仕上げのため、にクリア塗装のためメッキ剥がれの心配もない。

これは保存状態の良い部類と思われる。

ハーフは高級感満載だが、実のこころテープは一番安いノーマルの当時の"D"テープを使用している。
よって、テープポジションはノーマル。
70年代カセット全般に言えることだが、走行系が今ひとつ。
指で回せば分かるが、テープの回転にかなり抵抗がある。
音質という面ではいいテープではないということ。

イメージ 3


インデックスカードもゴールド。
イメージ 4

カセットケースは全面がクリアなタイプではない、古いタイプのものだ。
このことから想定するに70年代後半から80年代初頭のDに装飾を施したもののようだ。
赤と白の横ストライプがデザインされたDに近い。

なんとも使い道に悩むところだが、はやり飾り用かな。
なぜメタルテープでないのかということについては、まだメタルテープがなかった時代、
または登場したばかりということも考えられる。
ちなみに世界初のメタルテープは3Mで1978年の発売だ。

そもそも飾りのつもりということならメタルテープを使うのももったいないか。

古き良きカセットテープ全盛期ならではのレアな一品といえる。

MA-R 真のファーストモデル

TDKの伝説の大傑作メタルカセットテープ「MA-R」。

マニアでなくとも当時を知る者なら憧れの高級カセットテープだ。
今見てもホント惚れ惚れする。

そのMA-Rだが3世代存在した。

初代MA-R
イメージ 1

パッケージが透明で中全体が見渡せる。

2代目MA-R
イメージ 2

パッケージが一新され、中央のハブが見えるようになった。
ハブは穴開きに、ハーフも微妙に変更された。

3代目MA-R(最終型)
イメージ 3

2代目のパッケージデザインを踏襲。
色使いなどに若干の違いが見られる。
カセットテープ本体は2代目と見分けがつかない。


そして・・・


MA-Rファーストモデル
イメージ 4

初代MA-Rなのだが、一見違いがないようにも見えるが、実はエクストラホールがない。
青色のツメが入った部分の横に通常のメタルならもうひとつ空洞があるはずである。

MA-R最終型をみると、
イメージ 5

ある。

さらに上から見るとわかりやすい。
イメージ 6

上がファースト、下が最終型。

ファーストはエクストラホールとメタル検出孔がなく、ノーマルテープのようだ。

手持ちの初代未開封版を見る限り、すでにエクストラホールがあるのは確認できるので
おそらく初代モデルの途中からアルミダイキャストフレームの金型が変更されたことになる。

これはカセットテープの歴史による産物だ。

カセットはノーマル→フェリクローム→ハイポジ→メタルの順で高音質化していった。

よってカセット登場時はノーマルポジションのテープのみ。

最後に登場したのがメタルテープで最終的にフェリクロームが消えて3グレードが残ることとなった。

カセットテープは使うグレード、つまりテープの磁性体素材の違いにあわせてデッキやラジカセ側で
タイプを選択(設定を変更)しなければ本来の性能を発揮できない。

つまりメタルテープを使う時は録音機器側でメタルと認識させなければならないということだ。

テープに進化の歴史があるということは、当然ハードも同様の進化の過程があったことになる。

カセットのポジションに合わせてデッキを設定するのは録音・再生の1段階目である。

それを自動化するために開発されたのがオートテープセレクターだった。
テープ側で上のような検出孔を設けることにより、デッキ側がそれを検出して自動でテープポジション
を認識するという機構。

オートテープセレクター付のカセットデッキはテープを入れた瞬間から検出孔を検知してポジションを認識する。

MA-Rファーストモデルが出たころは、このオートテープセレクターがまだなかった時代ということになる。

当時のメタル対応のデッキはマニュアル操作によってメタルの設定を行った。
たとえばソニーのTC-K777などにはテープポジションの選択レバーがついている。
ナカミチのドラゴンはオート/マニュアルどちらでも設定ができた。

よって、このファーストモデルはマニュアル設定ができないデッキではノーマルと認識される。
これはフェリクローム(TypeⅢ)のカセットでも同様のことだ。

正しく使う為にはマニュアルでテープポジションを設定できるデッキが必要となる。

オートテープセレクターは便利だが、このように一部使えないカセットがあるということだ。
イメージ 7

ミニディスク XA-PRO廉価版 XA

さすが老舗の名門TDK。

カセットからMDへ時代が変わっても、XA-PROというスペシャルなMDを作ってくれた。

それを支えた廉価版XA-PROともいえる姉妹品MDがXAだ。

TDK XA
イメージ 1

ラインナップは60、74、80分。

正直デジタルメディアではアナログほど音質の違いが出ないので、そこらへん適当でも
よさそうだが、さすがはTDKである。
そこにマニアが存在する以上、差別化した商品が存在するのはうれしい限りだ。

ディスクの見た目はゴールドで、XA-PROと同一にみえるが、XA-PRO用と同じではないようだ。

XA-PROはEQ(Extra Quality)ディスクと呼ばれているがXAにそのような記載はない。

そのかわり共通設計のXAスタンパなるものを使用して基盤を成形しているらしい。
TDKの他のMDに比べれば差別化は図られているようだ。

デジタルの世界では理論上は音質の違いは発生しないはずなのだが実際は、ディスク・シェル・
素材と微妙に音質の違いがあると多くのマニアや評論家は指摘している。

MDは圧縮フォーマットをいくつか選べるので、音質を大きく左右するのはそこである。
例えば100円のMDにPCMで録音したものと高価なMDにATRACで録音したものは当然
100円MDのほうが音質がいいのは明白。
同等の条件下での聴き比べで判別できるような耳はオレにはないだろう。

音質の違いが出るというのはディスクに記録したデジタル信号の精度がよく、振動対策もできており、それが音質に少なからず影響するということなのだろうが非常に微妙な話だ。

こうなるともうどうでもいいという気にもなってくる。
イメージ 2

こういうものは気持ちの問題が大きいが、音質こだわったと言われるとマニアは食いついてしまう。

シェルはXA-PROはセンターフレームと2枚のプレートから成る三層構造シェルだったが
XAはシェルのフレーム部とウィンドウ部(ディスク面)に異なる素材を使用した特殊成形としている。
しかし音質的にはほとんど普通のMDと違いがわからない。

イメージ 3


ちなみにXAのケースはごく普通なのであえて撮ってない。

XAもXA-PROもすでに販売終了。

MDの古きよき時代の逸品であることには違いない。

MD版MA-R XA-PRO

MA-RはTDKが誇る高級カセットテープだ。

しかし、MDにもそのスピリットを受け継ぐモデルが存在した。

TDK XA PRO
イメージ 1

発売年は1998年。
ラインナップは60分と74分。

ケースは放送局や録音スタジオで使われているようなプロユース仕様。
イメージ 2

ケースがでかいのでMD用ラックには入らないのが泣き所だ。

MD版MA-Rという理由。

それはまずこのデザイン。
基本コンセプトは見れば同じだということがわかる。
イメージ 3

センターフレームにアルミダイキャストを使用したMA-Rに対し、XA PROは高比重・高剛性のタングステンコンパウンド材を採用しているという。

タングステンというのは金属元素のひとつで非常に硬く重い金属、らしい。
また金属の中でももっとも融点が高いらしい。
つまり熱には強いので自動車内で有効ということか。
見えないとこも考えられているところがすばらしい。

とにかく難しいことは抜きにしてこのMDはとても美しい。
って見るものじゃないか、、聴かないと。

重量は24g。
通常のMDがだいたい18gでその差はわずか6gだが、持ち比べるとその違いに驚く。
イメージ 4


センターフレームを2枚のプレートでサンドイッチ。
イメージ 5

薄っぺらではあるがMA-Rと一緒だ。

正直、デジタルの世界でこれほどまでにこだわることがどれだけ音質に影響するかわからない。

機会があれば気合を入れて聴き比べしてみよう。

それにしても、これはモノがいい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ