アクシア(現 富士フイルム)カセットテープは手軽でファッショナブルなカセットで人気を博した。

もともとFUJIブランドでカセットテープを発売していたのだが、DR、ERシリーズの後くらいからAXIAブランドに変わり、当時絶大な人気を誇った斉藤由貴を広告塔としたこともあり一気にメジャー入りできた感があった。

その中でもPSシリーズは大ヒット商品だった。

お手頃なカセットのイメージが強いアクシアだったが、ハイグレードな高音質マスターシリーズも存在した。

AXIA Masterシリーズ
HD-Master タイプ:ノーマル
SD-Master タイプ:ハイポジ
XD-Master タイプ:メタル
イメージ 1

とりあえず全ポジション。
異なるポジションでこれだけデザインが統一されているのも珍しい。

このころのアクシアのカセットは全般に手触りが独特だった。
ツルっと滑らかなのが特徴。
他にはないアクシアだけの感触だった。
イメージ 2


一見金属っぽく見えるハーフの縁取り部分は合金蒸着箔だ。
だから重くはない。
高級なデザインに一役かっている。
イメージ 3


テープ自体は専用開発されているがハーフ構造はごく普通。
イメージ 4


誤消去防止ツメは折り取るタイプなのが残念。
イメージ 5


音質はPSシリーズに比べ、さすがワンランク上の音だがアクシア全般に言える角がとれた丸い音が特徴だ。
PS-Xシリーズは高域が他のアクシアよりよく入り、メリハリが効いていたのでそれに近い傾向の音かもしれない。

まあ、当時のオレのデッキとの相性がよくなかったというのもあるので再検証してみるべきか。
キャリブレーションでしっかり調整すれば、それほどテープの差はなくなるはずだ。

アクシアのマスターシリーズは、これ以降モデルチェンジすることもなく消えていった。
割と早めに出た本シリーズだが、音質的には後発のメタルのほうが断然いい。

ともあれ、知名度、音質とも目立ちこそしなかったが美しいデザインはいまも心をくすぐる。